マウンテンバイクで風と緑の中を走る
サイクルエイドジャパン@猪苗代に参加した!

取材協力/一般社団法人 自転車協会
取材・文・写真/大倉一彦

EIGHTH、いざ、会津へ

日本列島を襲った記録破りの猛暑も一段落し、東京では秋の気配を感じ始めていた9月初旬の週末、EIGHTH編集部の中年3人組は自転車を積んで北へクルマを走らせていた。

向かうは福島県の「猪苗代リゾートスキー場」。磐梯山を望み猪苗代湖を見下ろす絶景が自慢の磐梯朝日国立公園内のスキー場だ。9月5日(土)、ここを舞台に開催されるマウンテンバイクイベント「サイクルエイドジャパン 2019 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山」に参加することが今回の目的。そう、いつもとキャラ違うEIGHTHのスピンオフ企画としてイベントレポートの命を受けた。

「サイクルエイドジャパン」とは、東日本大震災被災地復興支援のために一般社団法人自転車協会が2012年に全国各地で立ち上げたファンライドイベントで、参加費の一部は東日本大震災の復興支援金として寄付されるという。福島県内では2014年より単独でロングライドイベント「サイクルエイドジャパン in 郡山 ツール・ド・猪苗代湖」を毎年開催しているが、昨年から新たな試みとしてオフロードを走るMTBイベントがスタートした。

MTB種目は起伏のあるゲレンデを活かした特設コースで、小学生までのキッズレースとチームリレー、2時間エンデュランスレースがある。MTB耐久レースというと、臨戦モード全開の印象だが、ここは家族や仲間内で楽しむことを最優先という雰囲気。キッズレースも子ども以上にギャラリーが大いに盛り上がっている。さらにオフロード初心者対象に、スクール&ツーリングの種目も用意され、誰もが自然と向き合って一日楽しめるよう、いろいろと種目も工夫がされている。参加者も昨年より倍増しているというから、人気も浸透しているようだ。

メイン種目のMTBは猪苗代湖スキー場の起伏のあるいゲレンデを活かした特設コースにチャレンジ。
ペダルのない足で地面を蹴って競うキックバイクは大人顔負けの白熱したレースに。

猪苗代の魅力を自転車で巡る旅

そんな中、僕らは今年新たに新設された「猪苗代魅力発見ツーリング」にエントリーした(すべて舗装道路!)。わざわざMTBのイベントに来ておきながらスキー場からを出てロードバイクで走るツアーを選んだのは、オフロードを乗りこなす脚力に自信がないというのもあるが、ここ福島・猪苗代町の磐梯山や猪苗代湖の素晴らしい景観、豊かな自然から恵みを受けた蕎麦などの食、野口英世や会津藩に関する旧跡など、一度は行ってみたい観光地を自転車で巡ってみたいという理由からであった。

猪苗代湖畔のサイクリングロードを風を切って走る。汗ばむ夏日でも風景は秋を感じる。

この日は絶好の晴天、日差し厳しく残暑が舞い戻ったが、磐梯山の先には秋を思わせるさわやかな青空と白い雲が広がった。ツーリングは、スキー場出発でスイスイと心地よく猪苗代湖方面へ下り、湖畔のサイクリングコースを走ってスキー場に戻る約25キロのコース。途中、土津神社・野口英世記念館・アクアマリンいなわしろカワセミ水族館・駅舎亭など、観光地を巡り、最後の2キロはスキー場に戻るための激坂。そう、下れば上る、避けられないイベントが待っている。そこそこキツく、下を向いてひたすら漕いでしまうが、ここは景観を楽しみつつ各々がマイペースで上ればいい。距離的には初心者も頑張ればクリアできて達成感も味わえるので、これはこれでアリだろう。そして、汗ばんでもがいて笑顔(?)でゴールしたあとは名物の猪苗代蕎麦がふるまわれる。今まで走ってきた遠くに見える猪苗代湖を眺めながらの蕎麦の美味しさは格別だ。

最後はスキー場までのショートヒルクラムが待っていた。

ツアーは施設観覧料と食事込みで一人4‚000円と、半日遊べるお得な満喫プランといえる。レベル分けしてそれぞれに地元サイクリストのガイドが付き、途中の休憩ポイントでも給水ドリンクや地元の和菓子などのエイドサービスなど、サポート体制も充実している。そして何と言ってもツーリングならではの魅力は地元や参加者同士のふれあいだ。近隣から参加しているサイクリストは多く、自転車を通じて会話が生まれ、そんな出会いもうれしかった。

来年もまた来よう。そうだ、EIGHTHツアーで参加者を募ってもよい。その時は僕も激坂やオフロードを楽しめるくらいの準備を怠らずに。

「猪苗代魅力発見ツーリング」の参加者全員で記念撮影。
徳川家康の孫に当たり、会津藩主としても名高い保科正之公の墓所、土津神社。
千円札の肖像画でおなじみの野口英世はノーベル賞候補になった細菌学者。
2020年前期の朝ドラは福島出身の昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而がモデルとして描かれる。
休憩ポイントでは、福島名物の薄皮饅頭や笹団子がふるまわれた。