佐賀編 太閤の見た夢

文・写真/侍ライダー 木村峻佑

唐津の道の駅に寄った時のことであった。
「前田利家陣跡…?」

と示すものが立っている。なんでハングル語まで…。
ん? 前田利家ってこっちの方の武将だったっけ?
何か違和感を感じる。
地図を開くと、その違和感はより強くなった。

「なんじゃこりゃ…」
付近には、“真田昌幸陣跡”、”上杉景勝陣跡”、”徳川家康陣跡”…。他にも名だたる武将の名が多数。
どういうことだ? なんでここに全然関係ない地方の武将が? 町おこしのために嘘ついてるって訳でもないだろうし…。

謎を解く鍵は、近くに見える“名護屋城跡”にありそう。知欲の赴くまま、いかにも愛知県な名前の城址へ入ってみたのであった。

「けっこう大きいな…」
いままで名前も知らなかったぐらいだから小規模なものだと思っていたが、敷地は目に見えて大きく、石垣の形も整っている。
入り口付近にその由来を示す看板があったので、飛びついて読んでみるとピタリと合点がいった。

ここ名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮出兵をする際に築いた軍事拠点であった。
既に天下を統一していた秀吉にとって、大阪城に次ぐ規模の本城は軽く建てられたらしく、諸大名に作業を分担させることで数ヶ月で完成したとのこと。
そしてこの周囲には、朝鮮へ出向くため全国から馳せ参じた、名だたる名将たちが陣を構えたのである。その陣跡たるや130ヶ所。筑後の立花氏や土佐の長宗我部はもちろん、美濃の織田家に宇都宮、会津若松の武将の陣跡まである。

まさに、『安土桃山オールスターズ』と呼べる場所がここにはあったのだ。

いくつもの段に分かれた城址を上りつめ、本丸跡を訪れてみる。

な~んにも、ない。
小高い標高ということも相まって一帯には風が吹いており、物悲しさを助長させる。
だが、もう一段だけ上って天守台跡へ訪れて見れば、秀吉の抱いた浪漫が分かる気がした。

「なるほど…。これは確かに、あの海の向こうまで獲ってみたくなるかなぁ…」
天守は6階建てだったというから、往時の景色はさらに良かったに違いない。そこで余生を送りつつ、太閤はまだ見ぬ大陸制覇の夢を見たのだ。

いち農民から、天下統一。それではあきたらず、海外まで獲りにかかった。
秀吉の野望の深さは、もしかしたら信長や家康よりずっと深かったのかもしれない。だからこそ、日本を統一できたのかも。

もっとも二度にわたる朝鮮出兵は失敗し、それが要因ともなって秀吉亡きあとの豊臣時代はあっという間に幕引き。野望の深さが仇となったのは、お約束とも呼べる展開ではあるが。

名護屋地区の突端にあたる波戸岬は草原広がる憩いの場だが、バイクやクルマで一周することもできる。
玄界灘の力強い波音を聴きながら楽しむ、数分間のクルージングは良い思い出になる。

“太閤が 睨みし海の 霞かな”
そんな句にあるとおり、今日見る玄界灘も雨に霞んでいる。
太閤は、“やりきった”って思いであの世に逝ったのかな。
それとも、“夢半ば、無念”って思いだったのかな。

欲望は人を強くする糧でもあるが、不幸にする材料でもある。
みなさんは、どっちの想いで、逝きたいと思います?