熊本編 ライダーの聖地

文・写真/侍ライダー 木村峻佑

「熊本に行くんだったら、当然阿蘇も行くよね? あそこはライダーの聖地だよ」
佐賀で給油をしていると、居合わせたハーレー乗りのおじさんにしみじみとそう言われる。
“ライダーの聖地”、ですか…。

仮にも旅をしている身なので、そう呼ばれる場所はけっこう巡ってきた。宗谷サンセットロードや三瓶山、角島大橋などなど。
阿蘇“山”という名のごとく、ビーナスラインみたいなワインディングが楽しい道なんだろう、きっと。
それはそれで楽しいんだろうが、他と似たり寄ったりなんじゃないだろうか。
もちろん軽視している訳ではなく、行きたい気持ちはあったので、数日後、熊本市街より阿蘇へ向かう。

「見えてきたな…」
流石にデカい。
そして遠目からでも緑が少なく、荒涼としているのがわかる。活火山の特徴だ。
えぇと、大観峰っていうところが有名だったよな…と標識を見ていると、[←大観峰]との案内が。
あれ、阿蘇山は目の前に見えるけど?
疑問を抱きながらも看板を信じて左折してみる。

市街地の景色はすぐに緑覆う山道へと変貌し、緩やかに標高を上げていく。
“なーんだ。やっぱりただのワインディングじゃないか”と心の奥で笑っていた、その時だった。

急に景色が開け、空が目の前一面に広がる。ついさっきまであった緑の木々は跡形もなく、目の高さには見渡す限りの白銀に輝くススキが。

「なんじゃ、ごりゃあ~~~!!」
思わず絶叫した。なんなのこの景色。
阿蘇ミルクロードはワインディングなんかではない。稜線沿いをひた走る、いままでに見たことのない類の絶景道だったのだ。

一瞬で悟った。
ああ、これは確かに、聖地だ…。
行きもせず勝手にあれこれと想像していた身が、恥ずかしくなる。

稜線の上、即ち天に最も近い場所を延々と走り続けられる贅沢。
“空に手が届きそう” “天に昇るような”という言葉がこれほど似合う場所は、見たことがない。
ロケットⅢよろしく、宇宙まで駆け上がるつもりでアクセルを回した。

件の大観峰に到着すると、阿蘇市を眼下に望む壮大なパノラマを拝める。前方に見えるのがいわゆる阿蘇山だ。
信じられるだろうか。市街地は一見ただの平地に見えるが、実はこれ窪地、カルデラなのである。
いま私が立っている峰が本来の地表であると知ると、なんだかクラクラしてしまった。
なるほど…これは確かに、阿蘇山へ直行するのはもったいなかった。
自然の力は、本当に凄い。

その阿蘇市街へ一旦降り、今度こそ阿蘇山を上る。こちらは稜線ではなく雄大な山肌を這う坂道だ。
“草千里”の名の通り、一面を覆う若草色が風に揺られ”ザァッ…”と音を立てる様子は神域のようである。

阿蘇中岳の火口を拝み、県道111号で南下すると夢のような時間も終わりを告げる。その終わりの瞬間までカルデラを覆う田畑が見られるから、真の意味で終始瞬きができない道であった。

“聖地”だとか“定番”と言われると、ちょっと斜に構えてしまうが、やはりそう呼ばれる相応のモノが佇んでいるようである。
阿蘇・ライダーの聖地。
ベタな題材になってしまったが、それでも帰ったら、友人たちに声を大にして教えて回りたいほどの魅力がある。
有名だからといって食わず嫌いせず、一度試しに走ってほしい。