お天気最高!梅雨の晴れ間のツーリング

6月19日より、県をまたいでの移動自粛が解除に。このときを待っていました!「移動自粛解除されたら行こう」と話していたバイク仲間と、ひさびさのツーリング企画。問題はコロナ自粛の間に突入してしまった、ライダー泣かせの季節、“梅雨”。とはいえ、こればかりは運を天に任せるしかないワケで……。

そして迎えたツーリング当日。前日から降り続いた雨は朝方にやみ、朝起きてカーテンを開けてみると、快晴!!いわゆる「梅雨の晴れ間」というやつです。いやぁ、日ごろの行いがいいからなのかな(笑)。

今回のツーリングメイトは同世代のオトコ4人。1日がかりのガチなロングツーリングではなく、朝から走ってランチして、午後遅くならないうちに戻ってこれるサクッとコース。だいたい僕の行くツーリングはこんな感じです。

午前9時、第三京浜の保土ヶ谷PAに集合し、そこから横浜新道、横浜横須賀道路を経由して三浦半島の久里浜へ。

着いたのは久里浜の「東京湾フェリー」ターミナル。ここからフェリーで東京湾をわたり、房総半島の金谷港にわたろうという計画です。

並んでいるバイクは先頭からBMW R nine T、MVアグスタ・ドラッグスター、ハーレー・ダビッドソン・スポーツスター、ドゥカティ1098の4台。いずれも大型バイクです。

フェリーターミナルで乗船チケットを買おうとすると、少し困ったことが……。
船が出てしまったばかりで、次の便まで1時間半待つということ(-_-;)
そこですかさずスマホで情報収集。「この近くでいい感じのカフェはないかな……?」
Tさんが見つけたのが海辺のグッドなロケーションに建つ「風」というカフェ。しかも電話で連絡して、開店前なのに開けてもらうことになったよう! とはいえターミナルから走って20分ぐらいかかるようなので、急いで目指します!

浦賀の海岸沿いに建つダイニングカフェ「風」に到着。

窓を開けると“沖縄か?”というような青い海が。だけどフェリーの出港時間から逆算すると、お店に居られるのは30分弱ぐらい(汗)。短い時間で気持ちのいい風と美味しいコーヒーをいただき、お店を後にしました。

フェリーには無事間に合い、出港!
天気はいいのだけど、とにかく風が強い(-_-;) いつもは穏やかな東京湾の船旅なのに、結構揺れましたが、金谷港まで35分なので苦ではありません。甲板に出て“タイタニックごっこ”しているうちに到着。
ちなみに大型バイクで乗船すると、片道の運賃は2550円です。

お昼過ぎ、金谷港に着くとお腹がペコペコ。金谷港から4kmほどの保田港にある地元の料理屋で魚料理に舌鼓を打ちます。さすがに港で食べるお魚は美味しい!
お腹が満足して、エネルギーもチャージされたところで、記念写真撮影スポットへ。ここは海沿いにバイクを止めて撮れるので、撮影などでもなんどか訪れているところです。

映えます(笑)。
この日は関東で30℃を超える夏日でしたが、走っているかぎりは風が気持ちよく、本当に素晴らしいツーリング日和になりました。こんな日に乗ると「バイクに乗っててよかった!」と心から思います。

決めポーズで撮ってみました(笑)。

さあ、このあとは館山自動車道、アクアラインを経由して一路東京へ。フェリーでの船旅、美味しいコーヒーやランチ、海岸沿いの景色など、盛りだくさんで楽しみながら、夕方前には帰宅という、じつに“大人のツーリング”を楽しむことができました。

バイクツーリング、また行きたい!