「中古車購入の極意」

文・写真/水上みみ

みなさまー!みなさま!!朗報です! !
なんと、次の車が見つかりましたー!
今度のGWに見に行く予定です。そしてそのまま購入をする、予定です。(多分)

車種はやっぱり愛しのミニワン。年式も前回乗っていたものと同じ2002年タイプです。ミニモデルの中でも2002年式の顔が一番可愛いなと思うのと、メローイエローのボディの色合いがとても好きです。ずっとこの条件は変えずに探していたので見つかった時は嬉しかった〜!

これは以前の愛車の写真

別の記事でたまに触れていますが、実は前に乗っていた車は貰い物だったので、車を買うのは今回が初めて。そこで突然ですが、現役カーディーラーの父より中古車を買う際のアドバイスを教えて貰ったので簡単に皆様にもシェアしたいと思います。
(これを読んでいる方々は中古車とか買わないかもしれないですが…!誰かのお役に立てたら嬉しいです。)

題して、プロはここを見る!?中古車を買うときにチェックする3つのポイント。
ざっくりと簡単にご紹介します!

1.事故車じゃないかどうか
まずはこれ。ボディや外装のような分かりやすい部分ではなく、トランクの中やエンジンルームを見て判断するらしいです。他の部分より綺麗な所や補修した箇所があるかどうか。大体新しくなっている部分があるものは事故車の可能性が高いんだとか。ただ、事故車でも丁寧に直されているものならOKだけど、中には安価に修理して販売に回しているものもあるので修理クオリティの見定めが大事みたいです。

ちなみに乗っていたミニにはエンジンルームに目のステッカーをつけてました。可愛い。

2.整備記録簿のチェック
全ての車には整備記録簿(メンテナンスシート)というものがあって、それで過去のメンテナンス記録をチェックすることができます。例えば走行距離が多いような過走行車でもしっかりと定期的にメンテナンスをしていれば問題はないみたい。購入検討時にはこの記録簿を見せてもらうことが大事ですね。

3.インテリアの状況
車の中のインテリアも重要です。特にヨーロッパ車だと日本の湿気で天井の布が剥がれ落ちてくるものが多いみたい。実際に目で見て触って現物を確認することが大事です。(webサイトの写真だと天井が写らないようになっているものも多いので)あとはエアコンが正常に動くか、ちゃんと車内が冷えるかなどは少し時間をかけて検証した方がいいらしい。

前のミニはこのミラー部分が外れたりライトが切れがちだったので結構この部分念入りに直してました。車種によっては壊れやすい部分があるっぽいです。

車の状態やライトやウィンカーなど基本的な動作チェックに加えて、今回ご紹介した項目も気にかけられるといいですね。妥協しないようしっかりと見定めて、良き一台に巡り会えますように。

今日紹介したティップスを胸に刻んで、来週念願の車を見てきます!