「南に行けば」

もう8月なんですね〜。毎日が本当に早く過ぎていく。
こんなこと言いたくないけど、今年もあと4ヶ月ですよ、信じられない。

最近はクーラーがついたお部屋にこもって仕事をしているせいであまり季節を感じられない日々を過ごしていましたが、やっぱりなんか夏らしいことがしたい!!ということで、車を南に走らせました。
今日は夏らしく海に行こうと思います。

高速に乗って南下して鎌倉方面へ。
オリンピックの影響で高速規制を心配していたけど特に影響はなかったです。よかった。
海へ向かう途中で美味しそうなレモネードをゲットしました。
ピンクで可愛いの〜。

到着したのは鎌倉の由比ヶ浜。
ビーチは雲ひとつなくてとっても天気が良いです。

てくてくと砂浜を散策して、良さげな場所を見つけたらビーチタオルしいてひとやすみします。
日差しが強いだろうなと思っていたので麦わら帽子を持ってきて正解でした。

本日は「海辺で読書」が私のテーマなのでお気に入りの本も用意しています。
これはドイツに留学していた友人がお土産にくれたもの。
The Escapistという世界中の都市が特集されているデザインジャーナル誌で今日みたいな現実逃避にはぴったり。表紙も可愛くてお気に入りの一冊です。

旅行ができないご時世だけど、こんな風にインスピレーションを受けて次はどこに行こうかな〜と想像を膨らませるのは楽しい。
波の音を聞きながらペラペラとページをめくって知らない国に思いを馳せる。良い時間。

少しお腹が空いたときは持ってきたプチトマトを頬張ります。
なんとこの日の最高気温は34度。暑さで火照った体に甘酸っぱさが染みる〜。
ちなみに今の時期は海に人が多いせいかトンビが少なくてご飯を狙われる心配はありませんでした。プチトマトたちも全員無事。

夏休みシーズンだからか大学生グループやカップルが多くて、一人で来てしまった私はもしかして場違い?と少し不安だったのですが、ヨガをしたり日焼けをしたりと意外にも一人時間を楽しんでいる方もちらほらいたので堂々と読書に没頭できました。

本を読んで海を眺めるだけだったのに気がつくととだいぶ時間が過ぎていて。
名残惜しさがありつつも日焼けが心配になってきたのでそろそろ車へ戻ることに。

ミニのバックシートに積んだ荷物からも少しだけ夏の雰囲気が漂っています。
泳いだりはしなかったけど、海を見れて、ゆっくりできて、大満足の一日でした。
麦わら帽子だけじゃ長時間の日差しには耐えられなかったので、今度はパラソルを持っていこうかな。