「黄色い車の宿命とは」

もう11月が終わってしまう〜。季節の移ろいが早いですね。

カーシェアのオーナーになってから洗車やメンテナンスをする頻度が増えました。
自分しか使わないときは少しくらい汚れても気にならなかったけど、シェアするときはピカピカの状態で貸してあげたい。

先週末もシェアから戻ってきたミニのお掃除をしていました。
こまめに車をチェックするようになってから薄々思っていることが一つあります。

それは
この車、虫めっちゃ集まってきてる・・・?

実は黄色の車は虫が寄ってくると言われていて、ネットでも「黄色 車 虫」と検索するとヒットする記事が沢山あります。
とはいえ虫が集まる原因は解明されていないので、噂みたいなものかなと思っていたのですが・・・そんなことなかったみたい。

毎回車を洗うたびに小さな虫の死骸たちがボディに張り付いているのを見つけますが、これは高速道路を走った後によくあることなので気にしていません。

週末の洗車時も、小さな虫が張り付いたボディのお掃除をしていました。
その後トランクを開けて枠周りを拭いていたら、パッキン下からスルリと虫が2,3匹登場。

ここから虫が出てきたのは初めてだったので戸惑いつつ、トランク開けたときに入ったのかな〜とあまり気にしないようにお掃除を続けます。

そしてトランクを閉めてテールランプを拭こうとした瞬間、決定的なものを見つけてしまいました。
何か、いる。

なんとカバー越しに小さな蛾が・・・!
外側にとまっているように見えますが、実際はランプの内側にいます。

え、待ってどうやって入ったの?と思いながらトントンとランプを叩いても動く様子もない。(もしかしたら既に息絶えているかもしれない)

そして右のランプにいるならもしかして・・・と思い、左のテールランプも確認したらこちらにもいました。
詳細は分からないけどこっちには茶色っぽいちっちゃな虫。
そして見切れていますが右端には小さな蜘蛛まで。
トントンしてみたけどみんな動かなかった・・・

彼らがいつから入っていたのか、どうやって入ったのか全然わかりません。
今まで一人でドライブしていると思っていたけど、数匹の虫を連れて私はミニを運転していたみたいです。

「黄色い車には虫が集まる」という噂をこまめなメンテナンスのおかげで立証することができましたが、こんな風に虫がいたとはあまり気付きたくなかったのでなんだか複雑な気持ちです。

さて、テールランプに入ってしまった虫たち。一体どうしようかな・・・