「成田空港が可愛いんですけど」

このあいだ、海外に行ってしまう友人を見送りに成田空港へ行ってきました。
成田までのドライブは初だし、しかも夜だし、道を間違えたらどうしようと思っていたのですが、結果とてもスムーズに着いた。というのも成田空港へ誘導する標識が道中に沢山あって、気がついたら空港にいざなわれていたという感じです。
全ての道は成田に通ずるといってもいいくらい。こんなに成田って分かりやすく着けるところだったのか。
羽田周辺でよく迷子になっていたので、そんな分かりやすさにちょっと感動。

1時間ほど車を走らせて成田へ到着。
第二ターミナルの駐車場に入った瞬間、床や壁の色合いがとても可愛いことに気がつきました。

道路は水色、路面標示はオレンジ。全体的に蛍光色っぽくて、そしてカラフル。
成田空港の駐車場がこんなに可愛いなんて知らなかった・・・!

カラフルな空間にイエローのミニがよく映えますね。
オレンジとイエローの組み合わせ、個人的にはとても好きです。

そしてなんとエレベーターさえも可愛かった。しろくま!!

ちなみに成田へ行く途中、ふと道路標識を見たら最高速度「110km/h」の看板が出てきてびっくりしたことをお伝えしたいです。「高速の最高速度=100km/h」だと思っていたし、教習所でもそう習ったので一瞬見間違いかと思ったのですが、調べてみたら2021年12月から東関東道の一部で最高速度が110km/hに引き上げられたそうです。
私は全然知らなかったのですが、一般的に認知されていることなのかな?
空港で合流した友人にその話をしたら全然信じて貰えなかったです。

そんな最高速度の引き上げにより思いの外早めに空港に着いたのですが、やっぱり利用客が少なくてターミナルはガラガラ。
20時にはお店もほぼ閉まっていました。

コロナ前の賑やかさは全くなく、静かな空気が漂う出国フロアは近未来のような雰囲気で、なんだか知らない場所に来たような不思議な感覚でした。

出発便もこの時間は3つだけで、保安検査場もほとんどがクローズに。
無事に友人を送り出した後、ターミナルを少しお散歩してみたけどこんなにも活気のない空港を見るとなんだか寂しい気持ちになってしまいます。
早くまた気軽に旅行できる日が来て欲しいなあと思いながら、法定速度110km/hの道を走りながら東京に戻ったのでした。