ヨーロッパからアフリカ大陸へ。ヤマハ・テネレ700で走る。2,200kmのグランドツーリング、
そのプロローグに代えて。

文・河西啓介(EIGHTH編集長) 写真・長谷川 徹  協力・ヤマハ発動機

ヤマハのアドベンチャーモデルの代名詞である「Tenere」。日本での発売が待ち望まれているその最新モデル「テネレ700」でヨーロッパ、そしてアフリカを走るという機会を得た。全行程2,200kmにおよぶグランドツーリングのプロローグに代えて、EIGHTH編集長カワニシが今回の旅に至るまでのストーリーを語る

モーターサイクル・ユートピア

10代の半ばから30年余り、仕事、そしてプライベートでさまざまなところを走ってきた。だが今回、これまでで最も長い距離、そして未知の場所を走るバイクツーリングに出かけることになった。
行き先はアフリカ大陸の北端に位置するモロッコ。アフリカ、アラビア、ヨーロッパの文化が混ざりあったエキゾチックな国だ。

なぜモロッコを目指したのか? 話は2カ月ほど前にさかのぼる。
バイク仲間であるフォトグラファーの桐島ローランドと2人で「ヤマハのバイクで世界をめぐるツーリングに行きませんか」というオファーをもらったからだ。

ヤマハはかつて1980年代、『55mph(55マイル)』という冊子を制作していた。いま40代以上のバイク乗りなら記憶している人も多いはずだ。「MOTORCYCLE UTOPIA(モーターサイクル・ユートピア)」というコンセプトを掲げたこの冊子は、世界のさまざまな場所にオートバイで出かけ、そこでしか撮ることのできない写真を大胆にレイアウトし、そこでしか得ることのできない経験、体験を文章にして添える、今思えばじつに贅沢な紀行記事をメインコンテンツとしていた。

今回、僕らに託されたのは、それから30年以上が経ち、2020年を目前に控えたいま、『55mph』の世界観へのオマージュを込めて、あらためてモーターサイクルの持つ夢やロマンを表現するということだ(そう僕らは受け取った)。

ローリーのガレージで旅の構想を練る。イメージしたのはヤマハが80年代に発行していた『55mph』だ。
第7号ではパリダカ・ライダーのフランコ・ピコによるモロッコ紀行がフィーチャーされた。
2007年にローリーがダカール・ラリーに初出場、完走を果たしたときに乗っていたマシン。
ゴールしたままの状態でガレージに飾られていた。

ダカール・ラリーへのオマージュ

世界を走り“モーターサイクル・ユートピア”を体験する。
イメージとして浮かぶの場所はアメリカ、ヨーロッパ、あるいはオーストラリアなどだろうか。あえてアジアやインド、という手もないわけではないが・・・。

海外での生活、旅行、ツーリング、すべてにおいて僕より遥かに経験値の高いローリー(桐島ローランド)に「どこに行きたい?」尋ねたところ、彼が提案したのは「ポルトガルの首都リスボンをスタートし、スペインを経由してジブラルタル海峡をわたり、アフリカ大陸のモロッコへ至る」というルートだった。

実はこのルートには、ローリーの“想い”が込められていた。
彼は2007年、“パリダカ”の通称名で知られる「ダカール・ラリー」に一度だけ出場し、見事完走を遂げている。その時のスタート地がリスボンであり、ジブラルタルをわたりモロッコ、そしてセネガルの首都であるダカールに至るというコースだった。
日本に先がけ欧州で販売されている新型テネレ700で、そのルートをなぞるような旅をしたい、というのが彼の考えだった。

ヨーロッパから、海をわたりアフリカ大陸へ。それはとても魅力的だったし、なによりダカール・ラリーをたとえ一部であっても感じられる(もちろんルートは異なるが)というのは“モーターサイクル・ユートピア”というのに相応しい体験であると思えた。

僕はもちろん賛成した。その後、スタッフみんなであらためてスケジュール、アクセス、ルートなどを検討し、リスボンにあるヤマハ・モーター・ヨーロッパ(YME)でテネレ700をピックアップしてスタート。スペインに入って地中海に面した港町タリファからフェリーでモロッコに渡り、あちらを3日ほど走ってから、再び船でスペイン、そしてリスボンへと戻るという計画を立てた。
オートバイに乗るのは正味6日間、その間にダートを含んだ約2,200kmを走るというハードなグランドツーリングだ。

DAY1/ポルトガル・リスボンの「YAMAHA MOTOR EUROPE」にてテネレ700をピックアップする。
彼の地では人気モデルとなっているテネレ。日本では2020年中の発売を予定している。
DAY1/リスボン西部のテージョ河岸にある、大航海時代を記念した「発見のモニュメント」。
船の船首に似せたコンクリート製の記念碑は52mもの高さがある。そして我々の旅もここからスタートした。

「Tenere」の生まれ故郷へ

今回の旅を「テネレ700」で走るということにも、大きな意味があった。
アフリカの言語で「何もないところ」を意味する“Tenere”のオリジナルモデルが登場したのは、1982年秋のパリショー。オフロードモデルのXT550をベースに、30Lの大型タンク、ヤマハオフロード車初のフロントディスクブレーキ、モノクロスサスペンションなどを装備したXT600テネレは、まさにパリダカを走るために生まれたバイクだった。

以降「Tenere」の名前は、ヤマハのアドベンチャーモデルの代名詞となり、連綿と受け継がれていく。
それゆえ名前を受け継ぐ最新モデル「テネレ700」にとって、アフリカ大陸というのはまさに“ルーツ”と言える場所であり、テネレ=パリダカマシンというイメージが深く刻まれた僕らにとっても、それは特別な体験になるに違いなかった。

そして12月初旬、僕と桐島ローランド、そして取材クルーを乗せたブリティッシュ・エア504機はリスボン空港へと降り立った。いよいよここからポルトガル、スペイン、モロッコをめぐるテネレ700での旅が始まるのだ。

DAY2/リスボンから約500kmを走り、到着したスペイン南部のセビーリャ。
アンダルシア州の州都であり、フラメンコや闘牛で有名な街だ。迷路のように入り組んだ石畳の道を走る。
DAY2/セビーリャの観光名所のひとつ「メトロポール・パラソル」は世界最大の木造建築と言われる。
2011年に竣工したその不思議な構造物が、古い町並みと不思議な調和をみせる。

このグランドツーリングの全貌はおそらく、3月に開催されるモーターサイクルショー、あるいはヤマハのショップなどで見ていただけることになるだろう。オートバイという乗りものでしか見ることのできない“風景”、この旅の道程で生まれたさまざまな感情を、余さず伝えることができればと思っている。

その“触り”として、旅の印象に残るシーンをいくつかの写真とともに紹介したい。こちらを併せて読み、期待を膨らませていただければ幸いだ。

DAY3/スペインのタリファからモロッコのタンジェに向けて、ジブラルタル海峡をフェリーでわたる。
見えてきたのはタンジェの町並みだ。わずか40分の航海だが、紀行、人、文化、すべてがガラッと変わってしまう。
そう、ここはアフリカなのだ。
DAY3/ヘッドライトの意匠が印象的なテネレ700。ツインエンジンは全域でフラットなトルクを発揮。
おかげで高速道路からダートまで、ライダーはストレスなく走ることができる。
DAY4/シャウエンの街へ向かうショートカット・ルートを発見した。山を越えて続くダートロード。
その途中には山岳地帯で暮らす人々の小さな集落がいくつも点在していた。
DAY4/街の風景はヨーロッパとは明らかに異なる。大都市の中心地を除いて、信号がまったくないのに驚いた。
交差点はほぼすべてがラウンドアバウトとなっていて、スムーズに走るには相応の“慣れ”が必要だ。
DAY4/“青い街”シャウエン。街の中の壁という壁が鮮やかなブルーで塗られている。
今ではその“インスタ映え”な風景を求めて、世界中から旅行者が訪れるモロッコの観光スポットだ。
DAY4/迷宮のようなシャウエンの街の中には、バイクは乗り入れることができない。
そのため街の入口にバイクを止めて散策にでかけた。青い街に佇むホワイト/レッドのテネレ700。
DAY5/かつてモロッコの首都であった“フェス”の旧市街を見下ろす丘から。
長い歴史を感じさせる褐色の町並みが、ここがアフリカ大陸なのだということを感じさせる。
DAY5/フェスの中心地における交通は“カオス”だ。クルマ、バイク、自転車、
あらゆる乗りものの流れを縫って人が横断し、馬や犬など動物が飛び出してくることも日常茶飯事。
DAY5/大西洋に面したラバトはモロッコの首都だ。ローリーが「行きたい」と行っていたのは、かつて植民地支配されていたモロッコを道立へと導いたムハンマド5世の「霊廟」。
さまざまな高さの円柱がいくつも並ぶ、不思議な光景だ。
DAY5/ラバトからタンジェへ向かう高速道路で日が暮れる。アフリカとはいえ季節は冬。
夕方5時半には夜の帳が降りる。日中は20℃以上あった気温も10℃程度まで下がってしまう。
DAY5/日が落ち、雨が降り出すバッド・コンデションのなか走り続け、ようやくタンジェの街に到着。
この日も約450kmを走破した。
DAY6/再びヨーロッパへと戻り、道中で立ち寄ったスペインの町アラセナではマンガ『美味しんぼ』に
登場したというリストランテとシェフに会った。ここは世界最高の“イベリコ豚”の産地なのだという。
DAY6/リストランテ「ホセ・ビセンテ」の前で。
左からカワニシ、ヤマハ・モーター・ヨーロッパのルイスさん、シェフのホセさん、桐島ローランド。
DAY6/スペインとポルトガルの国境に差し掛かる。簡単な標識があるだけで
ゲートらしきものは一切ない。バイクを止めて記念撮影。
DAY6/標識を挟んで左側がエスパーニャ(スペイン)、右側がポーチュガル(ポルトガル)。
今やEU(欧州連合)となり、その垣根は限りなく低くなっている。
DAY7/グランドツーリング最終日はポルトガルの古都エヴォラからスタートした。
リスボンの東約130kmに位置するエヴォラの旧市街は「歴史地区」として世界遺産に登録されている。
後ろに見えるのは1世紀につくられたローマ神殿。
DAY7/長さ2,277mの鉄橋「4月25日橋」をわたると、リスボン市街に入る。いよいよ旅の終わり。
DAY7/リスボンのヤマハ・モーター・ヨーロッパに帰着したとき、テネレのトリップメーターはちょうど2,200kmを示していた。
DAY7/旅の相棒となった桐島ローランドと。
ローリーのスキルや知識のおかげで、ここまでたどり着くことができた。