【読者プレゼントあり!】
ツーリングの人気スポットに
100台を超えるモト・グッツィが集合!
「MOTO GUZZI EAGLE DAY JAPAN 2019」 7月21日、
アネスト岩田ターンパイク箱根にて開催

取材協力/ピアッジオ グループ ジャパン 株式会社
取材・文/宮田泰郎(EIGHTH) 写真/ピアッジオ グループ ジャパン、宮田泰郎(EIGHTH) 

記事の最後に素敵なプレゼントのお知らせがあります。ぜひ最後までお読みください。※キャンペーンは終了いたしました。

7月21日、ピアッジオ グループ ジャパン主催の「MOTO GUZZI EAGLE DAY JAPAN 2019」が、アネスト岩田ターンパイク箱根の大観山駐車場で開催された。モト・グッツィのオーナーやファンが気軽に集い、イタリア最古のモーターサイクルブランド モト・グッツィの世界観を共有することを目的とした一日限りのイベントには、EIGHTH編集長・河西もゲストとして参加、ファンといっしょに盛り上がった。

新旧モト・グッツィが集結!

イベント開始時刻の10:00を待たず、会場のアネスト岩田ターンパイク箱根 大観山駐車場には自慢のモト・グッツィに跨ったライダーが続々と集まってくる。

1940年代に生産されたヴィンテージモデルから最新のV7、V9まで、イベントに参加した台数は優に100台以上。参加者用の特設駐輪場はさながらモト・グッツィミュージアムで、見てまわるだけでも十分に楽しい。

芦ノ湖を見下ろす特設駐輪所に集結した参加者の愛車たち。
ヴィンテージからニューモデルまで、まるでモト・グッツィミュージアムだ。

イベントはMCを務めるモデライダーのモンちゃんこと多聞恵美さんのリードでスタート。イベントスケジュール発表に続き、展示されたV7 Ⅲ、V85 TT、V9 BOBBERニューモデルのミニ解説、そして会場を回りながらカフェスペースや物販コーナーなどを軽妙なトークで紹介。イベントに対する来場者のボルテージもどんどん上がっていく。

イベントMCはモンちゃんこと多聞恵美さん。
展示されたニューモデルのひとことインプレッションにも注目が集まる。

開始1時間ですべての試乗枠がいっぱいに

来場者いちばんのお目当てはニューモデルの試乗会。V85 TTが2台、V9 BOBBR SPORT、V9 ROAMER、V7 Ⅲ Stoneがそれぞれ1台と、計5台で1回20分の45枠が用意されたが、イベント開始1時間ですべてが埋まり、来場者のモト・グッツィ愛がうかがえた。

EIGHTH編集長・河西もイベント会場到着後すぐにV85 TTに試乗。そのミニインプレッションも本レポート内に掲載しているので参考にしていただきたい。

試乗待機場は大勢のライダーでつねに賑わっていた。
イベントオープン前から試乗申込みに並ぶ参加者の方々。

午後のひとときを盛り上げたトークショー

12:00からはメインステージ前に多くの参加者が集まり、MCの多聞恵美さんとスペシャルゲストとして招待いただいた河西啓介によるトークショーがスタート。

モータージャーナリスト仲間として旧知のふたりのトークは、まさに快活&軽妙。元モト・グッツィオーナーという共通点から「モト・グッツィあるある」で会場を巻き込みながら、楽しくトークショーが進行。オーナーだからこそ言える河西のネガティヴトークを多聞さんが必死にフォローする場面も会場の笑いを誘い、ファンと一体化した和やかなステージになった。

また、トークショー後には来場者から、「いちばん若いライダー」、「いちばん遠くから来たライダー」、「いちばん古いモト・グッツィのオーナー」、「モト・グッツィ女性ライダー」が表彰され、オフィシャルTシャツがプレゼントされた。

多聞恵美さんと河西啓介の息の合ったトークショー。

参加者全員が満足するホスピタリティ

オープンからクローズまで、参加者全員にドリンクサービスがふるまわれ、デザイン性の高いモト・グッツィグッズの特別販売が行われるなどホスピタリティも充実。すべての人がモト・グッツィの世界観に触れることができる、ユーザーフレンドリーな楽しいイベントとなった。

決して大がかりなイベントではないものの、ファン同士の交流とブランドに対する愛着に満ちあふれた「MOTO GUZZI EAGLE DAY JAPAN 2019」。こうしたファンミーティングが継続的に行われることにも期待したい。

来場者に特別価格で販売されたオフィシャルグッズ。
ウェルカムドリンクはイタリアのサンペレグリノほか
イベントに華を添えた女性ライダーたち。編集長・河西もご満悦。

[EIGHTH編集長・河西のV85 TTミニインプレッション]
“ユルさ”が魅力のイタリアン・アドベンチャー

いま2輪の世界では、オン/オフ問わずに走りを楽しめる「アドベンチャーモデル」が人気だ。「モト・グッツィ V85 TT」もその1台だが、大きなデュアルヘッドライトに赤いパイプフレーム、イエローとホワイトに塗り分けられた燃料タンクと、その80年代的でちょいレトロな佇まいは他のメーカーのアドベンチャーとは少々趣が異なる。

実はグッツィは、80年代にパリ・ダカール・ラリー参戦用のマシンを開発していたことがあり、このカラーリングはそれをモチーフとしたものだという。つまりV85 TTは、“アドベンチャー”と“ネオクラシック”という、いまの2輪業界の2つのトレンドを採り入れたモデル・・・なのだ。

乗ってみると、その期待は裏切られない。グッツィが「完全新設計」と謳うエンジンは、853ccの空冷VツインOHVで、80psの最高出力と80Nmの最大トルクを発揮。グッツィの伝統に基づいて「縦置き」されるこのエンジンは、アクセル操作に対する反応もよく、回転もスムーズで、必要なパワーとトルクを粛々と紡ぎ出す。

ハードウェアが洗練された分、グッツィ独特の「味」は少し薄まっているとも言えるが、トータルではとても扱いやすく、その牧歌的でやさしい乗り味は、他のアドベンチャーモデルとは明確に違った個性を感じさせる。

言わば、V85 TTはアドベンチャーモデル界の“ゆるキャラ”である。ガチな“冒険車”というより、「のんびりロングツーリングできる相棒が欲しい」というライダーにとっては、なかなか良い選択肢になるのではないだろうか。

[MOTO GUZZI EAGLE DAY JAPAN 2019動画]

[モト・グッツィ公式サイト]

http://motoguzzi-japan.com/

[読者キャンペーン]

モト・グッツィ オフィシャルTシャツ&キャッププレゼント!

イベントでも販売されていたモト・グッツィオフィシャルグッズの中から、Tシャツ(赤 Mサイズ)とキャップ(黒 FREEサイズ)をそれぞれ1名様にプレゼントします!(提供: ピアッジオ グループ ジャパン )

応募方法は、この記事のタイトル下にある「Facebook」か「Twitter」のシェアボタンから、「#エイス_モトグッツィ」を付けて記事をシェアいただくだけ。

多くの方のキャンペーン参加お待ちしております!

【キャンペーン期間】2019年8月30日まで

【キャンペーン応募の注意】
当選発表 当選者にはEIGHTH編集部よりシェアいただいたSNSのDM機能からご連絡させていただきます。
また、そのご連絡をもって当選の発表に代えさせていただきます。
SNSのアカウントを「非公開アカウント」に設定している場合は、応募が無効になりますのでご注意ください。
※ご応募にはFacebook、Twitterいずれかのアカウントが必要です。
※当キャンペーンは、Facebook社・Twitter社とは一切関係ありません。
※当選で獲得された権利は第三者に譲渡することはできません。
応募資格 ●賞品のお届け先が日本国内の方
応募に関する注意事項 ●キャンペーン応募受付の確認、結果に関するお問い合わせには回答できません。
●次の場合はご応募が無効となりますのでご注意ください。
・ご応募に使用されたSNSが「非公開アカウント」に設定されている場合。
・発送先登録の内容に不備がある場合。
・発送先登録完了後に住所変更のご連絡がない場合。
・お客様のご住所が不明・連絡不能などの理由により賞品がお届けできない場合。
・その他、ご応募に関して不正な行為があった場合。
●15歳未満の方が応募する場合、保護者の方の同意の上でご応募ください。
●お使いいただいているパソコンの環境、または一部のスマートフォン・タブレット端末ではご参加いただけない場合がございます。
●スマートフォンの設定などに関するお問い合わせは、携帯電話各社または製造元のメーカーにお問い合わせください。
●応募に関わるインターネット接続料、パケット通信費などの諸経費は、応募される方のご負担となります。
キャンペーンに関する
お問い合わせ
EIGHTH編集部
info@eighth-8.jp