ただ、貼るだけ!
エンジン性能改善パーツ「アドパワー」が
「2020年度グッドデザイン賞」を受賞

冨澤物産株式会社(代表取締役:冨澤 徹 以下冨澤物産)が開発・製造する自動車のエンジン性能改善パーツ「アドパワー(AdPower)」は、この度、「2020年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。
「アドパワー(AdPower)」は、エンジンのエアクリーナー3層構造のシールを貼るだけで、エンジンへ供給される空気(以下吸気)の静電気を抑制、空気流量が5〜10%増加し燃焼効率を改善させるというもの。

アドパワーを自動車(4輪車/2輪車)に取り付けるだけで、
①パワー・レスポンスU P
②エンジン内の汚れ防止
③燃費にも好影響
④排ガス削減
の効果を提供。

低価格(1,980円・税抜)で、2年間メンテナンスフリーで使用可能。
吸気における静電気抑制製品はほとんどなく、特に経年車ではエンジン性能が低下しているためより効果的。実際に国内外の多くのユーザーが改善した走りに満足しているそうだ。

また、モータリゼーションの進行による排気ガスによる大気汚染問題は、特に新興国において深刻化している。アドパワーは経年車が多数を占める新興国においても排気ガス削減で貢献。例えば、モンゴル・ウランバートル市営バス会社では、2019年11月にアドパワーを導入、黒煙(PM2.5)が−46.5%削減した(現地実車での排ガス測定試験)。

アドパワーの効果の源泉は3層積層体

特殊顔料を使用した第1層、特殊合金による第2層、薄くて高性能なグラスファイバーの第3層で積層体を構成。独自のイオン物質を吸気へ安定的に供給。静電気を抑制し空気流量が増加し、エンジン内の燃焼が改善する。

アドパワー公式Webサイト
https://www.adpower.jp