世界中のライダーが最速に挑む「ボンネビルスピードウィーク」 世界最速記録を樹立したモーターサイクル
「Ninja H2(ニンジャ エイチツー)」が
叶えたかった夢とは?

川崎重工業株式会社(所在地:東京都港区、以下「川崎重工」)は、2020年7月1日(水)より、コーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー「カワる、サキへ。」の最新作『モーターサイクル篇』を公開している。

■「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー

川崎重工グループのコーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」は、変化する社会・環境に合わせてスピーディーに対応し、当社グループが果敢に挑戦していく姿勢を表したもの。「社会がカワる、その一歩サキへ。」、そして「自分たちがカワる、そのサキへ。」向かって果敢に挑戦するという意志を込めている。

今回、公開した『モーターサイクル篇』は、このコーポレートメッセージに込めた想いをより多くの方に伝えていく企業ブランドムービーの最新作。これまでにも、救急医療をテーマにした『ドクターヘリ篇』、創薬をテーマにした『ロボット篇』など、さまざまな事業・製品に焦点をあててきたが、『モーターサイクル篇』では「Ninja H2」をクローズアップした。

■技術を結集させたNinja H2が世界最速に挑む!

Ninja H2は、川崎重工が多様な事業領域で培った技術を結集させたスーパーチャージドエンジン搭載のモーターサイクル。世界中のライダーが最速に挑むモータースポーツイベント「ボンネビルスピードウィーク」で、世界最速記録(※)を樹立したマシンとして知られている。

今回のムービーでは、Ninja H2がその圧倒的なパワーで世界最速記録(※)を達成した様子を、臨場感たっぷりの迫力ある映像で紹介。マシンとともに世界最速に挑んだライダーの声も交えながら、Ninja H2がもたらす価値を描いた。

※2020年6月時点(2018年ボンネビルスピードウィーク P-PB1000クラスでの記録/時速337.064km[正式記録:時速209.442マイル])

アメリカ・ユタ州で開催されている、スピードの祭典・ボンネビルスピードウィーク。世界中のライダーが最速記録に挑むこの一大イベントに、川崎重工の開発者とテストライダーから成る「Team38」は、スーパーチャージドエンジンを搭載したNinja H2とともに参戦。
「Ninja H2の圧倒的なパワーを試せる場所は、世界で唯一ボンネビルだけだった」と語る開発メンバーたち。自ら手がけたマシンの性能を証明すべく、「世界最速」の称号に向けてスタートを切る。
ボンネビルの舞台は、広大な塩の平原。どこまでも広がる真っ白な世界を、Ninja H2はエンジン音を轟かせながらパワフルに走り抜けていく。

Ninja H2とともに極限のスピードに挑んだのは、川崎重工のテストライダーである山下繁。挑戦時の心境について山下は、「このマシンの性能を目一杯引き出したかったんですよ。どこまでいけるのかチャレンジしてみたかったですね」と語る。

そして、塩湖の路面や風の影響を受ける厳しい環境にもかかわらず、Ninja H2は見事、世界最速記録(※)337.064km/hを樹立。山下はこの日の疾走を振り返り、「楽しかったですね。飛び出すような加速とか、音、振動、匂い。このNinja H2で加速するたび、はじめて親父のオートバイの後ろに乗せてもらった時のような新鮮な感動があるんです」と語る。

そして、ライダーのコメントにあわせて、映像は街中を疾走するNinja H2の姿へと切り替わる。

「その速さは、心まで加速させる。」 世界に誇る圧倒的なパワーを持つスーパーマシンは、所有しているだけで日々の生活に心の豊かさやワクワク感を与えてくれる存在だ。街中に溶け込みながらも、ボンネビル同様の爽快な走りを見せ、乗っている人はもちろんのこと、目にした人を自然と笑顔にさせます。速さを追い求めたモーターサイクルが叶えたかった夢。それは、見る人、乗る人、触れる人、すべての暮らしを輝きで満たすことでした。

「カワる、サキへ。」 カワサキはこれからも変わり続ける。

川崎重工 「カワる、サキへ。」特設ページ

https://www.khi.co.jp/stories/articles/vol47/#forward